本当に効果のある育毛シャンプーとは

本当に効果のある育毛シャンプーとは

 

育毛シャンプーを試してみたけれど、あまり効果が無かった。

 

育毛シャンプーは信頼できない、という方も多いのではないでしょうか?
そういう方には、一度育毛シャンプーの成分をチェックして見る事をおすすめします。

 

「日本皮膚科学会が発表したガイドライン」の情報と併せて見てみると、どういった育毛シャンプーが、より効果が出やすいのか、簡単に調べられますよ。

 

そのガイドラインによると、推奨度Aには「ミノキシジル」と「フィナステリド」があります。
次に推奨度Bには「自毛植毛」。
続いて推奨度C1には「アデノシンサイトプリンペンタデカン」「t−フラパノン」「ケトコナゾール」「塩化カルプロウム」があげられています。
実はこの推奨度C1は、考慮はしても良いが、治療効果に対する十分な根拠はない、とされているのです。

 

推奨度C2には「セファランチン」。
推奨度Dには「人工毛植毛」があげられています。
推奨度C2は、治療効果に対する十分な根拠がない、とされ勧められないもの、という位置づけです。
推奨度Dは、行わないほうがよい、というものです。
このように、全部で5段階での、推奨度別に分けられているのです。

 

やはり、推奨度Aの成分が入っている育毛シャンプーを試してみるのが、おすすめですよ!